ピクルスなど簡単お酢料理で腸内改善

お酢には腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸のぜん動運動を活発にする働きもあるため毎日摂取することによって便秘を解消することを期待できます。

人気のおすすめ合わせ酢といえば、口コミで話題のお酢の摂取の方法としてはそのままはちみつなどと一緒に混ぜて大さじ1から2杯を飲むという方法がシンプルで良いですが、これですと酸が強く感じられるので飲みにくいと感じる人も多いはずです。

ですからお酢に砂糖と少量の塩を混ぜてピクルス液を作り、その中にスティック状に切った大根や人参、きゅうり、パプリカなどを入れて合わせ酢で簡単ピクルスができてそれを朝食や夕食などに食べると適量のお酢の摂取が簡単にできます。

このピクルスのレシピですととても美味しく酢の味もまろやかになるので、お酢が苦手な人でも安心して食べることができます。またピクルスなら野菜をしっかり取ることができるので食物繊維もたっぷり取ることができ一挙両得です。毎日常備菜としてピクルスを冷蔵庫に入れておけば良いだけです。また一度漬け込んでも1週間以上長持ちするのでピクルスは大変便利な健康食なのです。