食欲が無いときにおすすめのお酢レシピ

お酢には私達に嬉しい健康効果が多くあります。でもそれをしっかりと把握している人はそんなにいないのではないでしょうか。お酢の健康の仕組みを知ってすこやかな毎日を過ごしたいですね。

便利なお酢調味料の通販で見かけた有名な合わせ酢で酢の物をつくってみましたが簡単でおいしくてすごくおすすめしたいものでした。気になる方は是非チェックしてみてください。

食欲減退のときこそお酢

夏になるとすっぱいものが欲しくなることってありませんか?体に何かしらの要因で乳酸(疲労の原因)がたまるとその乳酸を代謝するために必要なものがクエン酸になります。なので夏の暑さで体が疲れると酸っぱいものがほしくなるのです。クエン酸は主に果物などに含まれていますが、お酢に多く含まれる酢酸も体内に取り込むとクエン酸に変化する性質を持っています。なので果物やお酢料理を食べたくなるのです。

またスタミナアップ目的であれば肉類の料理がその役目を果たしてくれます。なので夏にはお酢とお肉二つを合わせた料理を食べれば夏バテ知らずになるということです。

私のイチ押しスタミナアップお酢レシピ

・油控えめさっぱり麻婆茄子
市販の素を使わず油控えめでさっぱりとした一品です。食欲が無いときに油分をとりすぎてしまうと余計胃の不調を招きます。茄子をごま油で事前に炒めるので、炒め油を最小限にして胃に負担をかけずに満足感があります。
材料(2人分)
茄子 2個
サラダ油 少々
豚ひき肉 100g

塩 少々
A(みじん切りした長ネギ 1/4本 みじん切りした生姜とニンニク 小さじ1)
B(豆板醤 小さじ1 石づきを除きみじん切りしたシイタケ 2本)
C(水1と1/2カップ お酢大さじ2 味噌小さじ2
顆粒鶏がらスープの素小さじ1と1/2 醤油、砂糖各小さじ1)
D(片栗粉、水各大さじ1)

作り方
1.鍋に1リットルのお湯を沸かしごま油大さじ1/2と塩小さじ1(分量外)を加えて、ヘタを除き縦に8等分に切った茄子を5分ほど茹でてザルに上げます。
2.フライパンにサラダ油とひき肉を入れて中火で炒めて塩を振ります。
3.ひき肉から油が出たらAを加えて炒め、香りが出てきたらBを加えてさらに炒めます。
4.全体がなじんできたらCを加えて沸騰させて1分程煮ます。
5.1の茄子を加えてさらに2,3分煮て、よく混ぜたDを加えてとろみをつけたら出来上がりです。

・焼き豆腐のそぼろあんかけ
熱したきゅうりの食感と鶏ひき肉がヘルシーなのに食欲をそそる一品です。
お酢は先にひき肉に混ぜてほぐしておきます。
材料(2人分)
木綿豆腐 大1丁
塩 ひとつまみ
鶏ひき肉 50g
だし汁 1/2カップ
薄切りにした玉ねぎ 1/4個
千切りにした人参 1/4本
千切りにしたキュウリ 1/4本
A(お酢、醤油各大さじ2 みりん大さじ1と1/2)
B(片栗粉、水各大さじ1)
小麦粉 少々
サラダ油 大さじ1

作り方
1.豆腐は1.5ミリの厚さに切りペーパータオルに並べて塩をふり包んだら水けを切っておきます。
2.鶏ひき肉にAを加えてほぐしておきます。
3.鍋にだし汁、玉ねぎ、人参を入れて中火にかけます。沸騰したら2のひき肉を加えてアクを取り除きます。中火で5分程煮たらキュウリを加えてさっと混ぜたらBをよく混ぜて入れとろみをつけます。
4.1の水けを切った豆腐に薄く小麦粉をまぶして、フライパンにサラダ油を入れて豆腐の両面を焼き目がつくように焼きます。
5.4の豆腐をお皿にのせて3をかけて出来上がりです。