砂糖とお酢の量が決め手の合わせ酢の作り方

身体にも良くお酢だけの味で食べるよりもマイルドで食べやすくなるため合わせ酢をよく作り今の季節には欠かせない筍とわかめの和え物を作ったりヌタを作ったりと合わせ酢は意外とどんな食べ物にも合うので市販品の合わせ酢を購入することもありますが自分で作る時にはお酢と砂糖の量を調整して合わせ酢をかける料理に合った味の合わせ酢を作ることが多いです。合わせ酢はお酢が多いと酸味が強く酸っぱさが際立ってしまい砂糖が多いと甘すぎて酸味を楽しめないので他にお醤油や出汁、ごま油などを混ぜる時でも合わせ酢にかける食材に合わせてお酢と砂糖で味の調整をすると酸っぱすぎて食べにくいことも甘すぎすることもない美味しい合わせ酢を作ることができます。ワカメやか筍などは歯ごたえがあるので少し濃いめの合わせ酢のほうが食材に絡みやすくヌタなどの柔らかい物にはマイルドな合わせ酢のほうが食材にかけやすく食べたときに酸味を感じすぎることなく美味しく食べることができます。