日本の伝統料理

日本にはむかしから伝わる伝統料理があります。その一つに七草粥があります。七草粥はその1年の無病息災を願ってお正月の食事で疲れた胃を休めるためにも1月7日に食べる粥のことです。七草という名前があるとおり七種類の草を用います。種類はセリ、ナズナ、ゴギョウ、タビラコ、ホトケノザ、スズナ、ダイコンです。細かく刻んだ七草を餅も一緒にいれてお粥にします。

日本の伝統料理でこのように七草粥は伝えられていますが、地方によって七草粥の内容はさまざまです。特に北部に位置する地域では雪や寒さで草が手に入らないということもあり、数種類の根菜を用いて七草粥をします。またある地域では小豆をいれたぜんざいのような七草粥を振舞うところもあります。

時期によって行われる行事は一緒ですが、地方によって様々な食べ方に変わるのも日本の伝統料理といえるのではないでしょうか。ちなみにうちでは七草粥はダイコンの葉だけを刻んで餅とごはんで作るだいぶ簡略化された七草粥です。これはこれでうちの伝統なのかなぁと思うことにします。