黒酢は飲用では飲むお酢として通販 

元よりお酢には黒酢というのがありますが、此れは中国では一般的なお酢の材料であって、特に中華料理というのは炒めものが多くその分脂っこい食べ物になりがちなのですが、其処にお酢(黒酢)でサッパリした味付けをしたのが始まりとされています。

此の黒酢というのは単に色を付けたものではなく、原料が米の玄米を使用して長い間熟成されたものが自然と色合いを帯びてきたものなのです。 従って、栄養価にしても普通のお酢に比べれば遥かに高いもので、従って、健康志向に現在においては飲用としても流通するようになったとされています。

現在、国内においてはの黒酢というのは調理用としては勿論、其れ以上に飲用として流通されていますが、黒酢の原点というのは、所謂、「黒酢の栄養価」の部分において重要視されているようですが、日本では此等の産地として鹿児島県が壷酢という作り方として最初なのだそうです。

つまりその昔において、鹿児島県というのは中国、更には琉球からの物資や産物の応対する中継の地点でもあり、そのため、他の地域に比べて中国、琉球と親交があって、黒酢の製法を学んだとされております。 この間、黒酢というのは麹や酵母其、れに乳酸菌等を含めて発酵させ、永い熟成期間の中で味も良くなって栄養価も更に高まるので、「健康に良い」として、飲むお酢の通販が人気なのでしょう。