塩分だけではないんです

調味料は食材を美味しくする為にはとても大切なアイテムです。中でも醤油は日本伝来の調味料として長年愛されてきました。ですが、最近では塩分過多を気にして醤油を積極的にとらないという人が増えています。ですが、それはとてももったいない事だと思います。醤油は魚の鮮度を長持ちさせる効果があるのです。マグロなどを醤油に浸けておくのはこの為でもあるのです。
それに、麹菌には様々な栄養や味覚を引き出すパワーがあるので、食材の旨味を引き出す為にはとても重要な調味料なのです。
そして、醤油というとどうしても刺身や煮物など和食を中心に考えがちなのですが、醤油は意外にも洋食にも合うのです。
クリームシチューに鶏肉を入れる時には、事前に鶏肉をサラダ油とバターで炒めて軽く醤油をかけて焼きます。それからクリームシチューに入れると、とても濃くが出て美味しいです。
調味料は、量を加減する事でいつもの味をワンランクアップに役立つとされています。
ほんの少し工夫するだけで、調味料は最高の隠し味になるのです。